Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

一般社団法人&PETS | June 24, 2018

Scroll to top

Top

読み聞かせ

子供達への動物福祉教育のため、小学校で絵本の「読み聞かせ」活動をしています。

ある保健所での実話をもとにした絵本『明日もいっしょにおきようね ~捨て猫、でかおの話~』を紙芝居にして、子供たちに聞いてもらいました。

みんな真剣に聞いてくれます。

大きな顔の猫でかおの運命はどうなるのか?

あれ?生きてた!!などと口々につぶやく子供達。

みんなすっごく可愛いくて、素直な反応に心が温まりました。ピュアな魂です。

きっとこの子供たちは、大人になっても小さな命を大切にすると思いました。 

《子供達の声》
◎アンケート①:捨てられた犬やネコなどがどうなるかを知っていましたか?
はい : 59
いいえ: 42
合計   : 101


◎アンケート②:「でかお」の話を聞いてどう感じましたか?
・注しゃを2回も、うたれたのに、いきていて、すごいと思いました。

・感動しました。すごくいいはなしだと思いました。

私も、猫を3匹かっています。でも、全てすてねこです。
しせつにつかまってしょぶんされる前にひろってよかったです。
しょぶんの前にひろいにいきたいなと感じました。

「でかお」の生きるのにひっしで、だれかぼくをかってや「なんでぼくをすてたんだ」
こんなことからでかおの顔がおこってそうになったと思います。
さらにストレスで、ふとったと思います。
だけど、女の人にまた人のよさをしってあの人にかわれたいと思ったから
生きたんだと思いました。